Baby,Body&Love
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

長野 戸倉上山田温泉
またまた長野の温泉に一泊してきました。(彼が長野好きなので・・・)
今回は私のBirthday企画。36歳になりました。
チビちゃんも1歳3ヶ月になり、もうベビープランじゃなくても平気。
3人で約¥20,000という格安プランにしました。

「子連れ旅行に安息は無し」と経験上学んだ私たち。
宿に過剰なサービスは求めません。
部屋や温泉が広くて清潔、料理が美味しければ満足なのです。
宿は>>>コチラ
値段も安いし期待していませんでした。

なんといっても温泉が良かった。
内湯が源泉かけ流し。
やっぱり循環してないと違います。
熱めが好きな私にちょうど良い温度でした。

貸切露天風呂も45分間使えました。
寒い時は、ガラス扉を閉めて内湯のようになるので安心。
脱衣所も広々としていて使いやすかったです。

部屋と料理もまずまず。
エステかマッサージがあれば絶対にやろうと決めていたのですが、
館内にそのような設備はありませんでした。
そんなシンプルさがまた良いのかもしれません。
温泉で勝負してるっぽく。

部屋に着くなり、仲居さんが「人数を間違えた」と言ってバタバタしたこと。
貸切露天風呂のボディソープが空っぽだったこと。
布団が北枕で敷かれ、翌朝は布団をあげに来なかったこと。
朝食の海苔入れに海苔が入っていなかったこと。
昔の私だったらブチキレまくる出来事に対しても、
「ま、い〜んじゃない」と許せちゃうほど温泉が良かった。

チェックアウト後、宿から見えた善光寺別院に行ってみました。
平日だったせいか、誰も見えず寂れた感じでしたが、
展望が素晴らしく、千曲市が一望出来ました。

その隣にあった奥津神社。
せっかくだからと階段を上って行くと、男女の性器のオブジェが。
画像をお届け出来ないのが残念、撮影禁止です。
子供を作りたいカップルが訪れるそうです。

こうなったら長野の温泉を制覇しちゃおー!!
って・・・まだ2つ目だし。

人気ブログランキングへ
長野 蓼科温泉 - 宿編

露天風呂を楽しむ彼とチビちゃん

長い間保留になっていた蓼科温泉の宿情報。
コレを書かずに年を越せないと思っていながら余裕で越しちゃいました。
途中、軽井沢のアウトレットに寄ってから宿へ向かいました。
詳しくはコチラ>>>長野 蓼科温泉 - 軽井沢編

皆様、名前だけの「ベビープラン」に騙されないでください。
少し大げさかもしれませんが、今回の宿にはガッカリでした。
というより前回が良すぎただけで、普通なのかもしれません。

まず、部屋に案内されて唖然としました。
ソファなどが置いてある窓側が一段低くなっているのです。
はいはい真っ盛りのチビちゃんが落ちないわけありません。
ソファを動かして壁を作り、当たり前ですが常に注意を払っていました。

食事が美味しければ大抵のことには目をつぶれると思いますが・・・
好みがあるとはいえ、私たちにとってはメニューも味もイマイチ。
チビちゃんの離乳食は食べ放題ということで、
手作り離乳食を楽しみにしていたのですが、家でも作れるかな?という感じ。
プラスチックの食器のせいか、見た目が美味しそうに見えません。
夕食と朝食が全く同じメニューだったのも残念でした。

何はともあれ3人一緒の貸切露天風呂で疲れを癒しましょ、のはずでした。
良く考えれば分かることなのですが、12月の蓼科は氷点下の世界。
露天風呂は脱衣所も凍える寒さなのです。
チビちゃんを湯冷めさせてはならぬと、私はお世話係りに徹することに。
この時期の露天風呂はベビーにはキツイですよ、と一言あって欲しかった。
だって「ベビープラン」と謳っているのだから。

どれも赤ちゃん連れの旅行を経験していないと理解不能な指摘かもしれません。
「甘ったれるな」という声が聞こえてきそうな気も。
でも、あえて甘えて楽をするために私たちはベビープランを選択したんです。
客寄せ目的の取って付けたベビープランがほとんどなのでしょうか。

あらためて素晴らしいと思いました。
水上温泉郷 湯檜曽温泉 なかや旅館
本当に赤ちゃん連れのことを理解している(経験済みの)人が企画者なのではないでしょうか。
行き届いた接客ながら、プライベートは守られる、落ち着ける宿なので、
赤ちゃん連れでなくともおススメです。

>>>赤ちゃん連れで初旅行

人気ブログランキングへ
長野 蓼科温泉 - 軽井沢編 
チビちゃんの1歳Birthday 記念で蓼科温泉に一泊して来ました。
赤ちゃん連れの温泉旅行は一度経験済みなのでけっこう気軽。
>>>赤ちゃん連れで初旅行
最近ミルクも卒業したので、前回と比べて荷造りも簡単(多少・・・)。
ただ、寒さ対策の防寒着がかさ張りました。

途中、軽井沢のアウトレットに立ち寄ることに。
>>>軽井沢・プリンスショッピングプラザ
実はこれを一番楽しみにしていました。
彼は一度行ったことがあるみたいでしたが、私はアウトレット初体験。

軽井沢から宿まで約2時間半。
ということは、OPEN10:00に到着しても3時間しか見れないんです。
彼が「広いから全部は見れないよ」と言っていたので、
絶対に見たいエリアを事前にリサーチしました。
結局全部見たいんですけどね。
そして到着したのは11:00・・・。
朝7:00出発が8:00になり、当然到着も一時間遅れ。
よって滞在時間は2時間に。

まずベビーカーをレンタル(無料)しました。
それがとんでもなく動かしにくい。
普段AirBuggyを使っているからだけではなく、物が古く
タイヤも油注した方がいいのでは?というくらいギシギシ。
早足で移動したいのに超スローペースの私たち。
駐車した場所から一番近い、インフォメーションも兼ねているコンビニで
レンタルしたのですが、正規のインフォメーション?の前を通った際、
レンタル用ベビーカーの陳列にエアタイヤの新しそうな物が見えました。
それも無料でレンタル可能なのか聞いてみようと思いましたが、
とにかく時間がなかったので、後ろ髪をひかれながらスルーしました。

最初に立ち寄ったのはキッズエリア。
チビちゃんの洋服を見ていたらあっという間に1時間経過。
あと絶対に見たかった、というより見なければならなかったのは
シーツとタオルケット。こんな時に家庭用品を・・・。
置いてありそうな店はFranc Francくらいだったので目指すのですが、
本当に広いので店にたどり着くまで10分以上歩いた気がします。
クイーンサイズがあるか店員に聞くと、ダブルまでとのこと。
適当な品だったので、タオルケットだけ購入。
他に雑貨屋でBirthdayグッズを買いました。

約2時間のスピードショッピングで仕入れた物は・・・

・子供服4着
・タオルケット1枚
・Birthdayグッズ1個

以上です。
チーン・・・

さて、メインの温泉宿については一言申したい!!
長くなるので次回にします。

人気ブログランキングへ
TOKYO 2泊3日
友人の結婚式に2泊3日で行ってきました。
こんな機会がないと東京へ行くこともままならなくなっているので、
今回は彼に3連休をとってもらったのです。
彼やさしい

式は白金台でのレストランウエディング。
オープニングでスクリーンに映った2人の姿を見ただけでジーン
ラストまで感動させてもらい、出席して良かったと思える式でした。
新婦が両親へ宛てたメッセージの中で、
「血のつながりは関係ない、いつも笑顔でいられるのが本当の家族だ」
というようなことを言っていました。
私は彼を笑顔にさせているのか?自分は?
・・・と今の結婚生活をあらためて考え、
彼をもっと大切にしなきゃという気持ちになったのです。
これぞウエディングマジック

結婚式が終わればあとは一人気ままな自由時間。
美味しいもの食べて、優雅にショッピング、のはずでしたが、
限られた時間の中で、見たいお店は山ほど。
クリスマスイルミネーションを横目に、
食事の時間も惜しんで慌しく歩き回りました。

そんな中、大収穫があった下着屋。
ものすっごく谷間が出来るブラをゲットしました。
そしてバストアップ豆知識も!!
3日間ママと離れたチビちゃんの変化、
ダイエット続編など、
今回のお出かけがらみ、
あらためて報告したいと思います。

 人気ブログランキングへ
赤ちゃん連れで初旅行

一泊温泉旅行をしてきました。
珍しく土日連休だった彼が「チビちゃんを連れておでかけしよう」と言ってくれたので。
嬉しい反面、大変そ~&不安感が拭えない私。
なんせチビちゃんを連れて初めての旅行。

彼と相談して決めた今回の旅行計画必須条件はこちら↓
1.移動で疲れないためなるべく近場(車で2時間以内)
2.赤ちゃん対応重視で宿選び

近場ということで場所がある程度絞られ、その中で赤ちゃん連れ歓迎な宿は数件。
しかも土日なので、木曜の時点で良いと思った宿はどこも満室×
やっと見つけたのが>>>水上温泉郷 湯檜曽温泉 なかや旅館>>>ベビープラン
さっそく予約しました。おススメです。

前日の準備で疲れ果てながら、とりあえず9:00出発。
一泊とはいえ赤ちゃんがいると大荷物!!赤ちゃん連れの旅行は車がBESTです。
私は適当な箱に必需品(オムツ、ミルク、ポット、ベビーフード、おしり拭きなど)をまとめました。
車中では簡単に出し入れ出来ますし、宿の部屋に箱ごと持って行けば室内でも便利。
いちいち荷物を開ける手間がない分楽でした。散乱しないし。

今回はあえて近場にしたのですが、ETC割引のお得感を感じられないくらいの近さ・・・。
しかし、「もう少し遠くへ!!」くらいでちょうど良かったです。
赤ちゃん連れだとあっという間に時間が過ぎます。
高速で一度休憩し>>>道の駅 ぐりーんふらわー牧場 大胡へ到着。
この道の駅、宿からは少し離れていますが、オランダ型風車と広い芝生がポイント。
天気が良かったので芝生の木陰で風車を眺めながらお昼にしました。
ミニ遊園地もあってファミリーに人気の場所みたいです。

15:00チェックイン後、さっそく彼と交代で内湯へ。
その後は3人で貸切露天風呂。
赤ちゃん専用の露天風呂があってチビちゃんも大喜びでした。
ボリュームたっぷりの夕食は部屋でのんびり。
チビちゃんが寝た後にもう一風呂と思っていたのに、
疲れと満腹、アルコールも入って3人一緒に爆睡しちゃいました・・・。

早朝の内湯は貸切状態。
食堂でバイキング朝食をいただき、
11:00のチェックアウトまでのわずかな時間で露天風呂にもう一度。
小さな宿ですが、赤ちゃん連れに嬉しい気遣いがあって大助かり。
かといって適度な放任というか、サービスがうるさくなくリラックスできました。
彼もかなり気に入った様子。

>>>みなかみの森に立ち寄り、散歩と足湯、トリックアート美術館を最後に帰路につきました。
トリックアート美術館は私たち的にはちょっと・・・×
バンジージャンプやラフティングをやっているのが見えました。

赤ちゃん連れのおでかけは疲れます。
でも、その分「思い出」が出来ます。
経験を重ねて慣れていけばもっと楽しくなるはず!!
あんなに腰が重かった私も、今度はどこに行こうかなって考えてます。

人気ブログランキングへ