Baby,Body&Love
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

雪と戦わなければならない田舎
 
あけましておめでとうございます。

実は、私の住んでいる所は世界でも有数の豪雪地帯。
年末から降り始めた雪が一気に積もり、ずーっと降り続けています。
家のベランダもごらんの通り↑殺人的です。
冬は極端に晴天率が低くなり、とても損している気分。

日課にしていた「Buggyを押してウォーキング」も出来ません。
外出時は長靴必須となり、お洒落もイマイチ。
出かけるためには、まず車の雪処理作業。
帰ると駐車場に雪が積もっていて入れなかったり。
雪にあたるのも大人げないのですが、かなりイライラします。
冬季間彼のお給料には寒冷地手当がプラスされます。
それだけ灯油などの暖房費がかかるということです。

せっかくなので、雪の嫌なことだけでなく良い所を書きたいのですが・・・
残念ながらどうひいき目に考えてもわかりません。
強いて言うなら、雪景色がきれい、スキーが出来る、くらいでしょうか。
ここまで文句を書いておきながらなんですが、
山が雪化粧をするととんでもなく綺麗なんです。
私は「日本のスイス」と言って自分を盛り上げてます。
雪が降らなかったらもっとこの田舎を好きになれると思うのですが。

雪騒動で幕を開けた2010年。
今年もhoshicoのブログをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ










田舎では付き合いが重要とされる
「奥様会」なるものが開かれました。
ただの飲み会です
彼の同級生の奥様たちが「旦那だけズルイっ私たちも飲みに出たい」
という思いで発案したらしい。
今までも彼経由でお誘いいただいてましたが都合がつかず今回初参加。
っつーか出産後 飲み会。

皆さん面識はあっても挨拶する程度。
お互い特に興味もなく(たぶん)共通の会話もなさそう。
付き合い飲みなんて大嫌いだし義理もない。
というわけで彼経由で断ってもらうつもりででした。
ネーミングも気に入らないし。「奥様会」って・・・どーなの

ところが、私に義理がなくとも彼には大アリらしく、
「これから長い付き合いになるんだから行った方がいいよ」
「お願いだから行って」と懇願される始末。
そう、彼は地元の青年団に入っていたこともあり同級生とのつながりが強力なのです。
この青年団が毎年地元の祭を取り仕切って盛り上げます。
幼い頃から共に過ごし、20代で団結して大きな祭を成功させ、
青年団を卒業しても続く仲間意識。
わかるよ。そーゆーの好きだし憧れるし羨ましい。
私も初めは仲間に入ろうと張り切ったけど、強烈な違和感を感じて悟りました。
合わない

行く行かないで議論するのもバカらしいし、
一度くらい顔出して様子を見るのもいいかなってことで行ってきました。
マシンガントーク1名、聞き役1名、彼の同級生1名、他。
内容はほぼ旦那たちの善し悪し。
皆さん私より彼との付き合いが長いので、さりげな~く色々聞き出したり。
私もついプライベートなことを発言してしまい後悔。
聞き役に徹しようと決意していたのに。
忘れていました。
田舎では皆が知り合い = 発言したら最後、どこに洩れるかわからない。
だ、大丈夫かな・・・心配。

皆さん長男の嫁で、うち同居している人が3名いました。
印象に残ったのが「同居したら自分はないよ」という発言。
彼女たちのことは尊敬します。そして実際に大人なんですぅぅ。
やっぱり色んなことに耐えて我慢していると、
ちょっとやそっとの事で動じないというか、精神的に成長するんだろうな。
私は無理・・・。自分がなくなる生活なんて

そんな参考になる?話を聞けたり(聞きたくない話もいっぱい)、
常に聞き役で無駄な発言をしなかった人を見て好意的に思えたり(←見習いたい)、
何より短時間でもチビちゃんや彼と離れて気分転換になったし、
行って良かった かな・・・

人気ブログランキングへ