Baby,Body&Love
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 性欲の秋 | main | DVD三昧 >>
性欲の秋2

『性欲の秋』を書いたその晩、とりあえず欲求解消されました。
久しぶりに熟睡できた感じ

いつもは彼が先にシャワーを浴びるのですが、
仕事で帰りが遅かったこともあって、その日は私が先に。
めちゃくちゃリラックスモードになっているところに突然ドアが開き、
「一緒に入れば時間短縮できるね」と彼。
今きたか・・・。

ワタクシお風呂は一人で入りたい派。
一緒だと気が散るというか、恥ずかしいというか、裏を見せたくないというか。
体を洗うことに集中したいんですよね。
それでも彼がその気になっているチャンスを逃すわけにはいかず、
渋々一緒に入り、狭い浴室で疲れるエッチに至りました。

一緒に入ったのは1年以上前。
今回は私の中の「気取り」がなくなっていて楽~でした。
普通に洗えばいいじゃない
結婚2年目の成せる業?
一緒のお風呂もなかなか良いではないですか遅っ。
ベッドでのエッチもマンネリ気味だし。
彼が喜ぶなら体勢ツラくても我慢しましょう。

終わってからのは最高!!
飲みながら「あーエッチできて良かったぁー」と私。
それが彼のお気に召さなかったようで。
「またそ~ゆ~こと言うっ男として嫌なんだよね」

たまにあるんです、私たち。
私の嫌味たっぷり発言が彼はとても嫌みたい。
例えば「久しぶりだったなー」など。
では女は黙って欲求不満に耐えなきゃならないのか?
違うでしょ!!でも嫌味はよくないですね、反省
ただ私の場合彼から求められることに意味があるんです。
自分から「エッチしたい」と要求してできたとしても嬉しくない。
でも不満・・・嫌味でも言ってやろうか、そんな感じです。

いつまでも彼にとってエッチしたい女でありたい。

彼の理想エビちゃん


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK