Baby,Body&Love
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 恐るべしプエラリア | main | 髪の悩み >>
遠距離恋愛な気分
4泊5日で彼が東京へ出かけて行きました。
ある資格をとるために通信をやっていて、そのスクーリングだとか。
結婚してから離れたのは最長2泊3日くらいかな・・・。最長。

通信については結婚前からやっていて、
「卒業したいし、資格とりたいから続けさせてもらう」と言われ、
反対する理由もなかったし、あまり深く考えずにOK。
が、当然お金も時間もかかるわけで、
「自分のためにこんなにお金と時間を使えるなんて贅沢だよな」
と結婚後は不満のひとつに。
だいたい何歳だよ!!←38です・・・。
「卒業したら結婚しよう」くらい言えば良かった。
勉強する意欲は素晴しいし、生涯自分もそうでありたいけど、
やっぱり贅沢。

当初、私も一緒に行く予定でした。東京LOVE。
彼・・・学校。私・・・買い物。
育児疲れが一気に吹き飛んだのもつかの間、

チビちゃんはまだ連れていけない
 ↓
彼の実家に預かってもらうことになる
 ↓
どーしても嫌!!

で、「今回はお留守番してるね。離乳食も始まって大事な時期だから」
と自ら辞退した次第です。

直前まで「ずるい〜行きたい〜」←心の叫び。
それが出発30分前の彼の発言でみごと消えました。
「4日間出来ないからマッサージして行くよ」
そう、私は非常に凝り症で、マッサージ中が至福の時。
永遠にマッサージされていたい病です。
そんなお金と時間があるわけもなく、
見かねた彼が毎晩少しだけ(たまに多く)やってくれるようになりました。
「悪いよ〜」と言いながら体はすでにベッドの上。
我ながら情けなくもある。

すっかり気持ち良くなり、駅まで送っていくことに。
車中で行ってきますのkissをしてくれました。
改札では3回kiss

遠距離時代(短かったけど)は当たり前だったけど、
結婚してからこんな場面は滅多になかったから感激。
たまには離れるのもイーかもね。

人気ブログランキングへ





















スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK